3分で分かるオーシャン貿易

「三方よし」で、関わるみんなが幸せになれる!

売り手よし、買い手よし、世間よし。

私たちの仕事は、近江商人の教え「三方よし」がすべての原点です。ビジネスって単なる駆け引きでしょうか?勝ち負けでしょうか?生産者さんやお客様は、私たちが儲かるための道具でしょうか?そんなことはないはずです。

私たちが得をすれば誰かが損をするような、人や社会から後ろ指を指されるような、そんな仕事はしたくない!

だから、安すぎる仕入れ値が心配になって生産者さんに返したりなんてことも、私たちにとっては当たり前。私たちに関わる人すべてが幸せになれる。心に負債を抱えない。

そんな働き方をしているのです!

仕入れて、売って、だけじゃない。どうせなら自分たちで作ってみよう!

私たちの仕事は、単に商材を右から左へ流すことではありません。「貿易」を媒介にして、日本中の、いや世界中の人たちに幸せを届けたい。それも、自分たちが本当に良いと思える、心から惚れ込んだ商材で。それを突き詰めていたら、気付けば自分たちで作るビジネスにも乗り出していました。

自社の研究農場ではブルーベリーの新種開発に取り組み、ベトナムに設立した現地法人「JVAT」では、現地の人たちと泣き笑いを共にしながら、花や青果を育てています。

あるときは畑で汗を流す貿易商社マン、またあるときはスーツで世界を駆け巡る農業家。

それが私たちなのです!

誰も知らなかった驚きと感動を届ける喜び!

「何これ!? 初めて見た!」「美味しい! こんなの食べたことない!」

そんな驚きを届けてみたいと思いませんか?世界には、まだまだ日本が知らない魅力あふれる商材が眠っています。ブルーベリー栽培を日本で商売にするなんて夢物語だと言われていました。ベトナムの人たちは、「本当に旨い寿司」を食べたことがありませんでした。

しかし、今は違います。もし、それを変えたのが私たちだとしたら?そんな驚きと感動を、今度はあなたが生み出せるかもしれないとしたら?

まだ見ぬ「これ、すごくいい!」が、あなたを待っていますよ!

30ヶ国以上を相手に、世界規模のビジネス環境に身を置ける!

日本のオフィス街でパソコンに向かっていたかと思ったら、その翌日には花咲き誇る赤道直下の高地へ。白夜の北極海から、南米のパタゴニアへ。ベトナムで学校給食室を作ったこともあれば、シンガポールでマグロの解体ショーを催したこともある。

日付変更線をまたがり、真逆の季節の中に飛び込み、文化や言語を超えてビジネスを進められるのは、貿易商社である私たちならではダイナミックなやりがいです!

北米、南米、欧州、アジア、オセアニア、アフリカ……

ビジネスパートナーは世界中に広がっており、その数なんと30ヶ国以上。

あなたの職場は「地球」なのです!

理念とやる気を共有できるあなたに、無限のチャンスと成長を!

まだキミは若いから。もっと経験を積んでから。男だから、女だから。私たちには、まったく無縁な言葉です。欲しいのは、誰にも負けないやる気と好奇心!そして理念である「三方よし」に共感してくれる、熱い志!

それさえあれば、若かろうが経験が浅かろうが、どんどんやりがいあるフィールドが与えられます。そんな「本気」が集まっているのがオーシャン貿易ですから、気を抜けば、ガツン! と叱られることだってあるでしょう。

しかし同時に、誰もがそこに愛情があることを知っています。同じ目標を追いかけ、本気で切磋琢磨し合える「本当の仲間」とは何か、あなたも気付けるはずですよ!