トップのメッセージ

オーシャン貿易株式会社 代表取締役社長 米田多智夫

昨年は1月に就任したトランプ米大統領の言動に世界が翻弄された1年となりました。
発足当初から過激な発言や重要閣僚の交代が相次ぎ支持率は大きく低迷。高圧的で強引とも言える自国第一主義の外交政策は世界中で新たな摩擦を引き起こしています。
北朝鮮は延べ16回のミサイル実験。トランプ大統領は日本を皮切りにアジア各国を歴訪するも対北朝鮮の足並みは揃わず、我が国でもミサイル防衛の議論が持ち上がるなど緊張感は高まるばかりで、いつ戦争が起こっても不思議ではない状況。

国内では、民主党が分裂し小池東京都知事率いる希望の党が都議選の勢いで国政に打って出るも「排除」発言により潮目が一変し、漁夫の利を得た与党自民党が圧勝。
発足から丸5年が経つ安倍政権の舵取りの下、日経平均株価がおよそ20年ぶりの水準まで上昇するなど企業業績は好調、一方で実質賃金が上がらず個人消費は低迷し、真のデフレ脱却、景気回復には程遠い現状。
また昨年は大企業の不正が頻繁に発覚し「品質のジャパンブランド」への世界的信頼が大いに揺らぎました。
その中でも、伸びる企業(人)と伸びない企業(人)との間には必ず違いがあるはず。それを検証し、戦略的にスピード感を持って実行していくことが肝要と考えます。

オーシャン貿易株式会社 代表取締役社長 米田多智夫

日本企業の海外進出がいかにも功を奏しているがごとく報じられていますが、文化・習慣・教育などの壁を乗り越え、真の意味での途上国での成功例はごく僅か。
我が社では日本市場の将来を見据え、10年前にベトナムでの大型施設園芸(花卉栽培)で海外進出を果し、続いてベトナムおよびマレーシアにSENDO ICHI(日本産食品卸売)を開設。鮮度管理技術の供与、商品開発、販売を行い、多くのお客様から喜ばれ、「本物の日本食」の提供に欠かせない会社となりました。
魚の居ないところに釣り糸を垂れても魚は釣れません。もし10年前のべトナム進出がなければ今の結果は決して得られなかったと考えると、如何にタイミング・戦略・感性が大事であるかを痛感しています。

しかし、現状に甘んじ、次代を見据えた開拓・開発へのチャレンジを忘れた会社に未来はない。
本年は新事業として熱帯地方でのエビ養殖に乗り出しますが、花卉栽培を始めた時と同じく我々は全くの素人。だからこそ「安心・安全」そして「美味い」という本質を徹底的に追求したものづくりができると考え、その第一歩を踏み出します。

“企業は人なり”豊かな知性・感性・体験のある社員が揃えばどんな危機も乗り切れる筈です。

戦後73年、戦中戦後の厳しさを体験した人が殆どいなくなった昨今、今こそ徹底した社員の意識改革と教育が肝要、特にパソコンの普及による感性と思考能力の著しい低下、これらを解決しない限り我々の未来は無いものと考えます。教わるのではなく自ら学ぶ教育を実践、その一環として国内外への現場体験研修、究極は豊かな体験・感性・積極性のある特殊精鋭社員(部隊)を育成し、他社の真似できない卓越したものづくりを行って参ります。

2018年1月