ブルーベリー品種紹介

サザンハイブッシュ

TH-605(育種国:アメリカ)

TH-605

品種登録出願番号:第27499号
ジョージア大学契約品種

果実の見た目、食味が良く、販促しやすい品種。味は酸味と甘みのバランスが良くジューシー。
収量はサザンハイブッシュとしてはかなり多い。
弊社所有のサザンハイブッシュ中、最も市場出荷(輸送)に向く。
ジョージア大学が世界オーシャン貿易だけに販売を許可した品種。

栽培適地 関東以西の温暖な地域 低温要求量 400~500時間
樹勢 樹型 直立
果柄痕の大きさ 果実の大きさ
果柄痕の乾/湿 収穫時期 6月下旬~7月下旬

※滋賀県大津市の研究農場でのデータより
※品種特性は2015年度のデータを基にしています

スプリングハイ(育種国:アメリカ)

スプリングハイ

品種登録番号 第21149号
フロリダ大学契約品種

最大7gを超える極大粒種で、収穫初期の平均重量は4.0g以上。収穫期はかなり早い(オニールと同時期)。味は酸度が低く甘みがあり、ジューシーさを持つ。
摘み取り園や直売に向き、本品種限定での販売も面白い。

栽培適地 関東以西の温暖な地域 低温要求量 200~300時間
樹勢 樹型 直立
果柄痕の大きさ 果実の大きさ 極大
果柄痕の乾/湿 収穫時期 6月上・中旬~7月上旬

※滋賀県大津市の研究農場でのデータより
※品種特性は2015年度のデータを基にしています

スプリングワイド(育種国:アメリカ)

スプリングワイド

品種登録番号 第21150号
フロリダ大学契約品種

収穫初期の平均重量は3g前後。味は酸度が低く甘みが強い。輸送性・貯蔵性も良く、出荷にも摘み取り園にも向く品種。

栽培適地 関東以西の温暖な地域 低温要求量 200時間程度
樹勢 樹型 半開張
果柄痕の大きさ 果実の大きさ 中〜大
果柄痕の乾/湿 収穫時期 6月中旬~7月中旬

※滋賀県大津市の研究農場でのデータより
※品種特性は2015年度のデータを基にしています

ブルークリスプ(育種国:アメリカ)

ブルークリスプ

フロリダ大学契約品種

果皮に厚みと硬さがあり、カリッ、パリッとした独特の触感があり甘みが強い。長距離輸送や貯蔵性に非常に優れ、従来のサザンハイブッシュ系品種には存在しなかった強い個性がある。裂果に困っている生産者へおすすめ。

栽培適地 関東以西の温暖な地域 低温要求量 400〜600時間
樹勢 樹型 半開張
果柄痕の大きさ 果実の大きさ
果柄痕の乾/湿 収穫時期 6月下旬〜7月下旬

※滋賀県大津市の研究農場でのデータより
※品種特性は2015年度のデータを基にしています

ウィンザー(育種国:アメリカ)

ウィンザー

フロリダ大学契約品種

果実が大きく(約3g超)、収量が多い。果皮が薄く食感が良い。固さや香りに優れ、糖度と酸度のバランスが良い。摘み取り園に是非取り入れたい品種。

栽培適地 関東以西の温暖な地域 低温要求量 300時間程度
樹勢 樹型 半開張
果柄痕の大きさ 中〜大 果実の大きさ
果柄痕の乾/湿 湿 収穫時期 6月中旬~7月上旬

※滋賀県大津市の研究農場でのデータより
※品種特性は2015年度のデータを基にしています

ジュエル(育種国:アメリカ)

ジュエル

フロリダ大学契約品種

柔らかさとジューシーさを持ち、瑞々しさを強く感じる。強い甘みと弱い酸味のバランスも良い。摘み取り園及び近距離での販売向け。

栽培適地 関東以西の温暖な地域 低温要求量 250時間程度
樹勢 樹型 半開張
果柄痕の大きさ 果実の大きさ
果柄痕の乾/湿 収穫時期 6月中旬~7月上旬

※滋賀県大津市の研究農場でのデータより
※品種特性は2015年度のデータを基にしています

サザンベル(育種国:アメリカ)

サザンベル

品種登録出願番号 第23386号
フロリダ大学契約品種

豊産性の品種。果柄痕が小さく乾いているため、輸送性・貯蔵性に非常に優れている。排水性の良い畑へ植える。

栽培適地 関東以西の温暖な地域 低温要求量 400時間程度
樹勢 樹型 開張
果柄痕の大きさ 果実の大きさ 中〜大
果柄痕の乾/湿 収穫時期 6月中旬~7月上旬

※滋賀県大津市の研究農場でのデータより
※品種特性は2015年度のデータを基にしています

セブリング(育種国:アメリカ)

セブリング

フロリダ大学契約品種

甘みと香りが特に強い。曇天続きでも風味よく味が落ちにくい。熟期はまとまっ ている。
ぽろぽろ取れやすく収穫しやすい。摘み取り園及び近距離での販売向け

栽培適地 関東以西の温暖な地域 低温要求量 200時間程度
樹勢 樹型 直立
果柄痕の大きさ 果実の大きさ
果柄痕の乾/湿 収穫時期 6月中旬~7月上旬

※滋賀県大津市の研究農場でのデータより
※品種特性は2015年度のデータを基にしています

サンタフェ(育種国:アメリカ)

サンタフェ

フロリダ大学契約品種

果実の風味がよく、甘みが強くジューシー・上質な果実品質で果肉の締りも良好。果柄痕が非常に小さいため、輸送性・貯蔵性が良い。

栽培適地 関東以西の温暖な地域 低温要求量 400時間程度
樹勢 樹型 半開張
果柄痕の大きさ 果実の大きさ 中〜大
果柄痕の乾/湿 収穫時期 6月下旬~7月上旬

※滋賀県大津市の研究農場でのデータより
※品種特性は2015年度のデータを基にしています

レベル(育種国:アメリカ)

レベル

品種登録番号 第18741号
ジョージア大学契約品種

サザンハイブッシュ系の中でも特に早い時期から収穫できるのが最大の特徴。
収穫開始時期を早めることができるので、高値での販売を可能にする品種。
育種元のアメリカでも高く評価されており、今後サザンハイブッシュ系の代表品種となることが期待されている。

栽培適地 関東以西の温暖な地域 低温要求量 400〜450時間
樹勢 樹型 開張
果実の大きさ 果柄痕の大きさ
収穫時期 6月上旬~6月下旬 果柄痕の乾/湿

※滋賀県大津市の研究農場でのデータより
※品種特性は2015年度のデータを基にしています

パルメットー(育種国:アメリカ)

パルメットー

品種登録番号 第15016号
ジョージア大学契約品種

在来のサザンハイブッシュ系品種では見られないような樹勢の強さをもつ豊産性品種。
濃厚な甘みがあり、天候不良が続いても食味があまり落ちないのが特長。ブルームはやや少ない。

栽培適地 関東以西の温暖な地域 低温要求量 350〜400時間
樹勢 樹型 半開張~直立性
果実の大きさ 果柄痕の大きさ
収穫時期 6月中旬~7月上旬 果柄痕の乾/湿

※滋賀県大津市の研究農場でのデータより
※品種特性は2015年度のデータを基にしています

カミール(育種国:アメリカ)

カミール

品種登録番号 第16972号
ジョージア大学契約品種

果実の色、硬さ、大きさ、同時期のサザンハイブッシュ系品種の中でも特に優れており、収穫期の後半まで大粒の果実が続くので、収穫作業と選果の効率が良くなる。
開花時期は、シャープブルーなどの在来サザンハイブッシュ種よりもやや遅い傾向にあるため遅霜に遭う確率は少ない。

栽培適地 関東以西の温暖な地域 低温要求量 400〜500時間
樹勢 樹型 直立性
果実の大きさ 果柄痕の大きさ
収穫時期 6月下旬〜7月下旬 果柄痕の乾/湿

※滋賀県大津市の研究農場でのデータより
※品種特性は2015年度のデータを基にしています

page top

ラビットアイ

フロリダローズ(育種国:アメリカ)

フロリダローズ

品種登録出願番号 第23384号
フロリダ大学契約品種

ブルーベリー園を鮮やかに彩るコーラルピンクの果実の品種。酸味がほとんどなく爽やかな甘さ。
かなりジューシーで、種のザラザラ感が少ない。摘み取り園用に向く品種。

栽培適地 関東以西の温暖な地域 低温要求量 300時間程度
樹勢 樹型 半開張
果実の大きさ 大~中
果柄痕の大きさ
収穫時期 7月下旬~8月中旬 果柄痕の乾/湿

※滋賀県大津市の研究農場でのデータより
※品種特性は2015年度のデータを基にしています

セイボリー(育種国:アメリカ)

セイボリー

品種登録出願番号 第23387号
フロリダ大学契約品種

果実は大粒で、酸味と甘みのバランスが良い。
最大6gを超え、平均で2g以上の果実がとれる。種のザラザラ感が少ない。環境適応力が強い品種。摘み取り園向き。

栽培適地 関東以西の温暖な地域 低温要求量 300時間程度
樹勢 中~強 樹型 半開張
果実の大きさ 果柄痕の大きさ
収穫時期 7月上旬~7月下旬 果柄痕の乾/湿

※滋賀県大津市の研究農場でのデータより
※品種特性は2015年度のデータを基にしています

バーノン(育種国:アメリカ)

バーノン

品種登録番号 第16969号
ジョージア大学契約品種

ブライトウェルよりも10日前後収穫が早く、今までのハイブッシュとラビットアイの収穫の谷間を埋める重要な品種。
また、果実の房が詰まりすぎず、果実も非常に大粒であるため、収穫が容易。

栽培適地 関東以西の温暖な地域 低温要求量 500〜550時間
樹勢 樹型 半開張
果実の大きさ 果柄痕の大きさ
収穫時期 7月上旬~7月中旬 果柄痕の乾/湿

※滋賀県大津市の研究農場でのデータより
※品種特性は2015年度のデータを基にしています

ホルトブルーハーモニー(育種国:ニュージーランド)

ホルトブルーハーモニー

品種登録番号 第15017号
The New Zealand Institute for Plant and Food Research社契約品種

ラビットアイ系の中生で、環境適応性が幅広く、非常に強健で安定した生長をする。
また、裂果に対して強く、果実の大きさもばらつきも少なく、天候が不安定な年でも、安定した果実の質と収穫量を維持できる品種。

栽培適地 関東以西の温暖な地域。摘み取り園向き 低温要求量 -
樹勢 樹型 中性
果実の大きさ 果柄痕の大きさ
収穫時期 8月上旬~8月下旬 果柄痕の乾/湿

※滋賀県大津市の研究農場でのデータより
※品種特性は2015年度のデータを基にしています

ラヒ(育種国:ニュージーランド)

ラヒ

商標登録品種 T4544297号
The New Zealand Institute for Plant and Food Research社契約品種

果皮が硬いため裂果が少なく、ブルームも多く、長期貯蔵に向き、果実の品質は非常に良い。樹勢が非常に強く、シュートが発生しやすいため、樹冠は枝が混みやすい。冬季に十分な剪定が必要。
マルの授粉樹として最適。

栽培適地 関東以西の温暖な地域。摘み取り園向き 低温要求量 650~700時間
樹勢 樹型 直立性
果実の大きさ 中〜大 果柄痕の大きさ
収穫時期 7月下旬~8月上旬 果柄痕の乾/湿

※滋賀県大津市の研究農場でのデータより
※品種特性は2015年度のデータを基にしています

ブルーマル(育種国:ニュージーランド)

ブルーマル

商標登録品種 T4544296号
The New Zealand Institute for Plant and Food Research社契約品種

果実の大きさはブルーベリー全品種の中でもトップクラスであり、房成りで、収量は非常に多い。樹冠はあまり密集しないが、太い幹が多く、小枝は少ないので剪定が容易。但し、日照量が少なくなると果実の甘みが少なくなる傾向があり、果実の味はその年の天候に大きく左右されやすい。

栽培適地 温暖な地域で栽培可能であるが、静岡、和歌山、高知などの太平洋沿岸で十分に日照量が得られる地域の方が、味は安定する。 低温要求量 650~700時間
樹勢 樹型 直立性
果実の大きさ 果柄痕の大きさ
収穫時期 8月上旬~9月上旬 果柄痕の乾/湿

※滋賀県大津市の研究農場でのデータより
※品種特性は2015年度のデータを基にしています

ホルトブルーメロディ(育種国:ニュージーランド)

ホルトブルーメロディ

品種登録番号 第16973号
The New Zealand Institute for Plant and Food Research社契約品種

マルの兄弟品種であるが、マルのような天候による味の変化は少なく、安定した味と品質が見込める。また、小枝が少ないため剪定の手間が少なくて済む。本品種を組み合わせることで収穫シーズンを伸ばすことが可能。

栽培適地 関東以西の温暖な地域 低温要求量 -
樹勢 樹型 直立性
果実の大きさ 中〜大 果柄痕の大きさ
収穫時期 7月下旬~9月上旬 果柄痕の乾/湿

※滋賀県大津市の研究農場でのデータより
※品種特性は2015年度のデータを基にしています