プリスティンサーモン

太古の自然が残るチリ パタゴニアの美しい海で稚魚から成魚まで一貫生産されています。

けがれのない「プリスティン」な美しい海

ブランド名の「プリスティン」は、湧水が豊富で世界有数の澄んだ水を湛えるパタゴニア フィヨルドでサーモンの稚魚を育てていることから pristine=「けがれのない」という意味が込められています。

活け〆プレリゴ加工
Live Harvest × Prerigor

加工場の前に設置されたケージでストレスを軽減させたあと、活魚状態のまま地中パイプを通り加工場に搬入します。つまり魚はチューブの中を泳ぎながら加工場に入る為、抜群の鮮度を保つことができます。

※Prerigor(プレリゴ加工)とは…活け〆された魚を鮮度重視し死後硬直する前に加工する事。

持続可能な環境
Sustainable × Environment

地下1,000mから汲み上げられる天然水を使用し、持続可能な取組を行っています。

身色選別基準を徹底 Special Selection

身色選別基準はサルモファン(サーモン身色基準)27以上のみをプリスティンサーモン®ブランドとして日本向けに選別。
血合いも最大限除去し、高品質な製品作りをしています。

スタンニングシステム図

最新技術 スタンニングシステム

加工場内ではチリの中でも最新技術の「スタンニングシステム※」を導入し、死後硬直前に骨抜き加工され、全加工工程は6時間以内と非常に短く、鮮度の良い状態で日本向けに冷凍真空パック詰め加工されます。

※スタンニングシステム…工場内に持ち込まれた活魚の頭部にショックを与え、瞬時に動脈を切断し血抜きを行うシステムです。

詳細商品情報

プリスティンサーモン

規格 加工度合
Trim C 皮付き・腹骨なし・カマ取り・腹ヒレなし・ピンボーンなし
Trim E 皮なし・腹骨なし・カマ取り・ピンボーンなし・整形済み
お問い合わせはこちら

[水産グループ]TEL:075-255-0900 FAX:075-255-0908