もっちりまぐろ

日本の目利きで作り込んだまるで生鮮まぐろのような冷凍まぐろ

もっちりまぐろの特徴

インドネシアの綺麗な海で漁場を一から作り上げ、鮮度抜群の状態で加工場に入ってくるまぐろを日本人スタッフによる「目利き」で厳重な品質管理を行っています。
そうして厳選されたまぐろを特殊な凍結方法であるプロトン凍結によって、鮮度を落とさずに凍結しました。
日本人のたくさんの技術と知恵が集まってできた「もっちりまぐろ」は、解凍しても、生まぐろのようなもっちりとした食感と旨味を味わうことができます。

豊かな漁場と短時間の移送

工場敷地内の水揚げ場から船で3時間程(30km)離れた場所に浮魚礁を設置し、その近くで漁師が釣り上げたまぐろをすぐに運搬船で回収し、船上でエラ・腹取りの処理、氷詰めを行います。
水揚げ場まで持ち帰った新鮮なまぐろは工場内の冷水タンクで保管し、釣り上げてから遅くても3日以内にプロトン凍結加工まで行います。

プロトン凍結による加工

プロトン凍結は、電磁波と磁束の働きを利用して一度にたくさんの小さな氷の核を生成し、氷の結晶が大きく成長することを抑制します。
それにより細胞の破壊を防ぎ、解凍時のドリップ量を少なくするため、食感と旨味が損なわれません。

日本基準の品質管理と菌検査

食品加工備品(包丁・まな板・エプロン等)及び設備備品(包丁殺菌庫・工場内捕虫器等)は全て日本製の物を使用。
品質管理部門では商品検査及び菌検査を毎日実施しています。

お問い合わせはこちら

[水産グループ]TEL:075-255-0900 FAX:075-255-0908